スタッフブログ

STAFF BLOG

未分類

タイプコード

皆さまこんにちは、ボルボ・カー新潟メカニックのNと申します。

突然ですが、タイプコードというものをご存知でしょうか?

過去にも記したことがあるかもしれませんが、新しい車種も登場しているので

改めてご紹介させて頂きます。




私たちボルボの社員は車種をタイプコードで呼んでおります。

タイプコードとは通称名(例えばV40)ではなく、525や155と呼ばれるコードです。

ではなぜタイプコードで呼び合っているのかと言うところですが、

例えばV70で言いますと、1997年~2000年までの年式(875)と2000年~2008年までの年式(285)と

2008年~現在までの型式(135)のV70では、モデルチェンジを経ている為様々なところが変わっています。

まずは外観及び内装、そしてプラットフォームと言うボディ設計から基本装備・機能面まで。

細かな部品で言いますとリモコンキーやワイパーブレードやエアコンのフィルターなどまで作りが変わっています。

その為、余談ですが、社員の間での会話の際に例えば「V70のことで聞いていいですか?」と聞いても

「いつの型のV70?」という会話になるわけなのです。

そこで少し紹介させて頂きます。

S40(544)・V50(545)・C30(533)のモデルが生産終了となり登場したモデルが

皆さまご存知のV40(525)・V40CC(526)でございます。


続きまして60シリーズは、セダンのS60(384)が生産終了となり現在では

セダンのS60(134)・ワゴンのV60(155)・SUVのXC60(156)

そして最近よく売れております新モデルV60CC(157)というナインナップです。


続きまして70・80シリーズは、60シリーズより比較的大きく

ワゴンのV70(285)・オフロードのXC70(295)・セダンのS80(184)が生産終了となり現在では、

V70(135)・XC70(136)・S80(124)というラインナップです。


その70・80シリーズですが、実はこちらも生産終了となり今では90シリーズとして登場致しました。

セダンのS90(234)・ワゴンのV90(235)・オフロードのV90CC(236)、

そしてSUVのXC90(275)から生まれ変わりましたフラッグシップモデルXC90(256)となります。






今回はタイプコードを少しご紹介させて頂きました。

ボルボのオーナー様でもご存知の方は少ないのではないでしょうか?

もし知っていたという方はボルボマニアの方でしょうか?

こちらとしてはとても嬉しい気持ちです!^^

ぜひオーナー様同士の間でも広めて頂いたり、話の種にしてみてはいかがでしょうか?

他の車種のタイプコードはまた違う機会にご紹介させて頂きます。





最後までご覧頂きありがとうございました。

皆さまのご来場心よりお待ちしております。

Blog Archive

ページトップへ戻る