スタッフブログ

STAFF BLOG

スウェーデン豆知識

スポーツの秋

皆さまこんにちは、VOLVO SELEKT長岡 受付のIと申します。
 いつも当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます!





本日は【スポーツのにちなんで
スウェーデン発のスポーツをご紹介致します。




スウェーデン生まれのエコロジカルスポーツ

‘‘クッブ’’

ヨーロッパやアメリカを中心に、
子どもからお年寄りまで幅広い年齢層の人たちの間で親しまれているスポーツ、『クッブ』。
日本ではあまり馴染みのないスポーツですが、公園で気軽に楽しめることもあり、
ここ数年で一気に広がりを見せています。


~遊び方~
①クッブは、木の棒を投げ合って木の的を倒していく、2チーム対抗の的当て・陣取りゲームです。

②コートは8m×5mの長方形。中央にセンターラインを引き、2チームが向かい合って試合をします。

③両チームのベースライン(5m)にベースクッブ(四角柱の木片)を5本ずつ並べ、
コートの真ん中に、キングと呼ばれる大きい木片を1つ置きます。

④相手コートに並んだベースクッブをめがけて、先攻のチームから交互に、
カストピンナ(円筒の形をした木)を6本ずつ投げていきます。
 投げ方は下手投げで、ベースラインより後方から投げます。

⑤自分のコートのクッブが倒されたら、次のターンで倒されたすべてのクッブを相手コート内に投げ入れてから攻撃をします。
これをフィールドクッブと呼びます。投げ入れたフィールドクッブは、その場に立てて、新たな的にします。

⑥フィールドクッブが相手コート内にある場合は、ベースクッブより先にフィールドクッブを倒さなければなりません。

⑦また、相手チームが投げ入れたフィールドクッブが倒されずに自分のコート内に残っている場合は、
センターラインに一番近いフィールドクッブの位置まで前進して攻撃をすることができます。

⑧相手のコートにあるクッブをすべて倒すと、中央にあるキングを倒すことができ、先にキングを倒したチームの勝ちとなります。
ただし、相手コートのクッブを全部倒す前に誤ってキングを倒すと、負けとなります。

激しいスポーツと違って、パワーやスタミナは一切不要。
力の差を気にすることなく、色んな人が一緒に楽しめます。


クッブ(Kubb)とは、スウェーデン語で“薪”を表します。
どの家の軒下にもあった薪を使って遊び出したのがクッブの起源ではないかと言われています。
を使用する為、林業の活性化にも繋がるエコスポーツです!


北欧のスローライフから生まれたクッブは
楽しさだけではなく環境にも良いという魅力があります^^

ルールは難しそうですが、機会があればやってみたいですね!!






本日9月23日は秋分の日ですね
秋分の日は「昼と夜の長さが等しくなる」と言われています。

最近は日が暮れるのが早くなり
こんな空を見かける事が多いです!
きれいな秋空ですね!

ページトップへ戻る