スタッフブログ

STAFF BLOG

お知らせ, ボルボ豆知識

ボルボの後ろ向きチャイルドシートの秘密

【冬季休業のご案内】

ボルボ・カー新潟及びボルボ・セレクト長岡では下記の期間、
冬季休業とさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

■冬季休業期間
ボルボ・カー新潟 ショールーム・サービス工場
/ボルボセレクト長岡 ショールーム・サービス工場

2017年12月29日(土)~2018年1月4日(木)
年明けのお車のメンテナンスや整備は5日からとなります。

【緊急時の連絡先】
休業中の故障、事故のお問合せにつきましては大変お手数ですが、下記へのご連絡をお願い致します。

ボルボ・ロードサイド・アシスタンス・サービス
0120-40-8740

JAF(会員以外は有料となります)
0570-00-8139

三井住友海上・おクルマQQ隊
0120-096-991

損保ジャパン日本興亜・ロードアシスタンス専用デスク
0120-40-8740

※その他ご加入の自動車保険に付帯のロードサービスを ご利用下さいますようお願い申し上げます。


皆様こんにちは、ボルボ・カー新潟 受付のTでございます。
いつも当ブログをご覧いただき
誠にありがとうございます。

さあ、Xmasまでのカウントダウンも
残りわずかです!!

世界の子供たちが主役となるクリスマス。
是非楽しんでいただきたいものです(*^_^*)

ボルボは、子供をメインに考えた
チャイルドシートの開発に力を入れています。
その名も“後ろ向きチャイルドシート”。

初めて名前を聞く人もいらっしゃるのではないでしょうか?

本日はそんなチャイルドシートについて
お話ししたいと思います。

まず、その 後ろ向きチャイルドシートとは
どの程度重要なのでしょうか?

これは、子供の身体のことを考えるとすぐに理解できます。


子供の首は脆いので
正面衝突の影響で引き起こされる
「前方に放り出される重圧」
に耐えることができません。
前を向いたシートでは、
衝突の際に首にかなりの負荷がかかります。
後ろ向きチャイルドシートなら、
この力は子供の背中と頭の全体に分散されます。

一般に後方からの追突による衝撃は、
正面衝突に比べて高くはありません。

では、推奨される 後ろ向きチャイルドシートは
一体何歳ころまで必要なのでしょうか?

乳幼児はできるだけ長い期間、
少なくとも3~4歳位になるまでは、
後ろ向きチャイルドシートをご使用ください。

お子様が成長し、頭がシートの先端を
超えるくらいになった頃に
前向きのチャイルドシートに換えましょう。
成長につれて首は大人のように強くなっていきます。
さらに背が伸びることで
身体に対する頭の割合が
より小さくなっていきます。
そうなるまでは
後ろ向きチャイルドシートの使用をご推奨します。

 

いかがでしたでしょうか?
ショールームには
【CHILDREN & CARS~チャイルドセーフティマニュアル~】
もご用意しております。

気になるお客様は是非、
お手に取ってご覧くださいね。

明日からは週末!!
皆様のご来場、心よりお待ち申し上げております\(^o^)/

 

ページトップへ戻る