スタッフブログ

STAFF BLOG

サービス部より

ボルボの安全性

こんにちは、サービスの平原です。
本日はボルボの安全性の話をさせて頂きたいと思います。
私事ですが、年末事故に合いました。
事故に合ったと言っても、単独事故です。
緩やかなS時カーブを走行中、積雪があり突然リアタイヤが滑り始めました。
夜中と言う事もあり路面は凍結しておりましたので、ブレーキは踏まずハンドル操作で切り抜けようと思い
逆ハンドルを切ったりしましたが、リアが流れてしまいフロントバンパーがガードレールに衝突。
その弾みで180度旋回し、運転席ドア付近を別のガードレールの端に思いっきりぶつけてしまいました・・・
結果、車は全損で右足に軽症を負う事になってしまいました^^;
私も職業柄お客様の事故車両を見る事はそれなりにありますが、正直今まで見て来たお客様の事故車両よりも酷い損傷です。
たまたま私の車が工場にあり、見かけたお客様は「これ乗ってた人無事でしたか?!」と何人かに言われました。
命あって良かったと思える状況でした。
まず第一にスタッドレスタイヤです。
私もボルボを購入したばかりでスタッドレスは少しくらい古くてもまだ目もあるし大丈夫だろうと高を括っておりました。
今思うとスタッドレスが新しければ滑らなかっただろうと後悔してます。
幾ら安全な車でもタイヤが摩耗していれば車の性能は半減しますよね。
次に、ボルボと言う車。
安全性能に特化したボルボはボディの各部に最適な硬さの鉄等を使い分けてます。
横からの衝撃でもSIPS(サイド・インパクト・プロテクション・システム)にてショックを分散させ搭乗者への負担を軽減します。
幸い保険にも加入しており、代車特約もしっかり付帯させておいたのでなんとかなりました。
車の性能はもちろん、スタッドレスタイヤや保険も重要だと再認識させられた2013年の締めくくりでした。
車はダメにしても買い替えられます!命はかえられません!
皆様も車の運転には充分お気をつけください。
(事故車両画像の添付は自粛させて頂きます・・・笑)

ページトップへ戻る